納骨堂の料金面は | 未だにあまり知られていない納骨堂とは。お墓と納骨堂の比較。

未だにあまり知られていない納骨堂とは。お墓と納骨堂の比較。

納骨堂の料金面は

cult worship cabinet

料金メリット

東京で納骨堂調べてみるととても多くの納骨堂の存在を知ることになるでしょう。そして気になる費用面ですがお墓とはどのくらいの料金の差が出てくるのでしょうか。
まずお墓の料金から見ていきましょう。お墓にかかる料金は墓石代が平均140万円、さらに土地を借りる料金(管理費)や永代供養、墓石を据え付ける工事の費用などの料金も合わせると約200万円ほどになると言われています。さらに葬儀にかかる費用として100万円ほどかかるといわれているため、合計で300万円ほどになります。ただでさえ大切な親族がなくなった心労があるにも関わらずこう言った費用面でさらに精神的に参ってしまう人は多いかと思います。
そこで東京の納骨堂を利用する場合の費用も一緒に見ていきましょう。納骨堂は利用される人数や運営しているところなどで大きく費用は変動してきますが、1人利用であれば大体5万円ほどで収まり、二人以上(家族利用)では120万円で利用できます。さらにその料金の中には永代供養の料金も含まれており、一部を除いた管理費や工事費なども発生しない場合が多いです。そして宗派なども問われない場合が多いので利用のしやすさは随一と言えます。
さらに墓地は車での移動の場所が多くありますが、納骨堂は公共交通機関で行きやすいと言ったメリットも大きいと言えますよね。東京は交通機関の発展で車を持たない人が増えていますからね。
しかし納骨堂は東京都内に数多くあるためどこを選ぶかが重要になってきます。次回東京納骨堂選びのポイントを紹介します。